プリン体の成分

プリン体の成分

高尿酸血症

「プリン体」という言葉を聞いたことはありますか?
何やら、お菓子のプリンを思わせるおいしそうな名前ですが、
過剰に摂取すると痛風や腎不全の原因となる物質なんです。

 

「プリン体」とは?
プリン体(purine base)は、DNAを形成する核酸の材料となる塩基です。
アデニン・グアニン・尿酸・カフェインなどの塩基性の化合物として、
動植物性食品に多く含まれています。食べ物の、「旨味」成分の1つとも言えます。

 

プリン体に関連サイト
プリン体制限のビールや食事制限なしで健康になる!まとめ

 

 

このプリン体が、我々の体内で核酸になり、生物の設計図であるDNAを形作っているのです。
しかし、プリン体が核酸となる最終過程で、「尿酸」という代謝産物が発生します。
尿酸という名前の通り、動物の排泄物の中に多く含まれます。

 

 

人間の尿中には、1日0.6〜1gの尿酸が排泄されると言われています。
プリン体を多く摂り過ぎると、尿酸も大量に発生します。

 

この尿酸が人体の排泄機能よりも多くなってしまうと、
血液中の尿酸が異常に増加する「高尿酸血症」という状態になります。

 

 

この状態が続くと、尿酸が関節や腎臓に付着して「痛風」という病気になります。
痛風は、関節に激痛が走ったり、進行すると腎不全を引き起こします。

ビール

坐骨神経痛

ホーム RSS購読 サイトマップ