スポーツの影響かしびれと痛みが強くトレーニングできない

尿漏れとは膀胱と脳の連動がうまく行ない

尿漏れとは膀胱と脳の連動がうまく行ない

尿漏れというのは、我慢できないほどの強い尿意が急に起こりますが、トイレに間に合わずに尿が漏れ出るのを切迫性尿失禁といいます。
性別や年齢に関係なく起こるのが尿漏れで、女性の尿漏れでは腹圧性尿失禁に次ぎ、多くみられるタイプになります。
双方が混合している場合もありますが、いずれにせよ、尿漏れは、冷たい水に触ったり、水の音をきいただけでも起こります。
トイレのドアノブに手をかけたときや、トイレで下着を下ろそうとしたとき、尿漏れは起きてしまうのです。

 

また、冷蔵庫を開けて寒気を感じたときなど、水や寒さ、トイレに関連する動作などがきっかけで尿漏れが起こることもあります。
条件反射的に突然やってくるのが尿漏れの特徴で、女性の尿漏れの場合切迫性尿失禁の場合、過活動膀胱の一つの症状として起こります。
過活動膀胱という尿漏れから来る症状は、我慢できないほどの強い病的な尿意があり、頻尿や失禁を伴います。

 

男性の尿漏れは、膀胱と脳の連動がうまく行なわれていない状態を指し、通常、尿意はある程度、自分の意思で我慢できます。
普通は、排尿のタイミングをコントロールできるのですが、男性の尿漏れになると、膀胱が勝手に収縮し、意思に反して尿が出してしまいます。
40歳以上の8人に1人が尿漏れによる過活動膀胱の症状がみられるという結果が出ています。

坐骨神経痛

ホーム RSS購読 サイトマップ